加齢臭は石鹸をつかってカバーする【グッバイバイ加齢臭】

Soaps

臭いを消す

原因物質を洗い流し、殺菌する

一般に加齢臭と呼ばれるものは、皮脂に含まれているヘキサデセン酸がノネナールになる事で発せられる臭いのことです。 このヘキサデセン酸は40代を境に皮脂に多く含まれるようになるため、加齢臭と呼ばれるのです。 ヘキサデセン酸はそれ自体が臭いの元なのではなく、皮膚常在菌に分解されノネナールになることで加齢臭独特の臭いを発します。 その為、加齢臭対策にはヘキサデセン酸やノネナールを洗い流す事や、皮膚常在菌にヘキサデセン酸を分解させない事が必要になります。 現在ある加齢臭対策の中でも石鹸が良いとされるのは、この原因物質を洗い流す事と殺菌効果をともに果たすことが出来るからです。 加齢臭は誰でも加齢とともに生じるものなので、高齢になったら加齢臭対策石鹸を使うのが良いと言えます。

あらかじめ対策をしておくこと

加齢臭対策石鹸は、ヘキサデセン酸を洗い流す為の成分が配合され、またノネナールを吸着するポリフェノールなども配合されます。 そして殺菌成分により皮膚常在菌の数を減らし、新たに分泌された皮脂の中のヘキサデセン酸の分解を阻止します。 石鹸で体を洗う時は、皮脂が多く分泌される所を重点的に洗うのも効果的です。 皮脂は、首周りや脇の下、そして足の裏など汗が多く出る部位に多く分泌されます。 ですがそれ以外にも、頭皮や耳の後ろなども加齢臭を強く発する部位なので注意が必要です。 臭いというものは慣れてしまうと感じなくなるため、自身の加齢臭には気付かない事もあり得ます。 誰かに臭いを指摘される前に、あらかじめ対策として石鹸を使っておくことが好ましいと言えるでしょう。