加齢臭は石鹸をつかってカバーする【グッバイバイ加齢臭】

Soaps

気になる臭い

転ばぬ先の杖が必要です

加齢臭というものは、高齢になるに伴って誰でも臭ってしまうものです。 その発生原因は、皮脂の中にヘキサデセン酸という物質が増えてくる事に起因します。 ヘキサデセン酸は、細菌が分解するとノネナールという物質に変化します。 このノネナールこそが、加齢臭と呼ばれるものの正体なのです。 しかしこの加齢臭ですが、本人が気付か無いことがあります。 人間の鼻はそれ程正確ではなく、特に同じ臭いを嗅ぎ続けた場合には、その臭いをほとんど感じなくなってしまいます。 このため、例え加齢臭が自分からしたとしても、感じ取れないということもままあります。 ですが、他人に指摘されるまで加齢臭を漂わせてしまうような事は是非とも避けなければなりません。 その為には転ばぬ先の杖として、加齢臭対策用の石鹸を使うのが良いでしょう。

臭いを抑える様々な工夫

石鹸は色々な成分を混ぜやすく、体を洗う時に用いるものなので加齢臭対策には非常に適しています。 普通の石鹸でも皮脂を落とす効果は十分にありますが、加齢臭対策用の石鹸は毛穴の中のヘキサデセン酸を落とす為の成分が入るなど、様々な工夫がなされています。 加齢臭を出さない為には、まずヘキサデセン酸を洗い流す事が基本ですが、皮脂は次々と分泌されるものでもあります。 その為、皮脂を分解する細菌も減らす必要があります。 細菌を減らしておけば、例えヘキサデセン酸が分泌されてもすぐにはノネナールにはならないので、臭いの発生を減らす事が出来ます。 さらに、発生してしまったノネナールを綺麗に洗い流す事もまた重要です。 これにも植物由来のポリフェノールなどを配合することによって、消臭効果を出すよう工夫されています。